Sponsored Link

ファイトケミカルとは|最近注目されている第7の栄養素とは?

近年ブームになった水素水は、私たちの身体を錆びつかせ老化させる活性酸素の存在を明らかにしましたが、この活性酸へ関心とともに注目されるようになったのが「ファイトケミカル(フィトケミカル)」という言葉です。

 

美容と健康に敏感な方はすでにご存じなのですが、一般的にはまだまだ広く知られていないというのが事実・・・

 

実際、私も「何だか難しそうな言葉だなぁ」って思ってましたから(^^;)
でも、この先の人生を健康で、かつ少しでもキレイに過ごすためには、知っておいたイイものなんですよね。

 

phytochemical

 

このファイトケミカルとは、いったい何を表すものなのでしょうか?
今後ますます重要性を増してくると思われますので、どういうものありどのような効果があるのか?一つずつ勉強していきたいと思います( `ー´)ノ

 

ファイトケミカルとは第7の栄養素

ファイトケミカル(phyto chemical)という言葉は、「植物」を意味するphytoと、「化学成分」を意味するchemicalからできている言葉だとか。

 

つまり、ファイトケミカルは、植物から発見された化学成分ということのようです。

 

この植物成分であるファイトケミカルが、いまや第7の栄養素として位置づけられるまでにその重要性が注目されているのです(゚д゚)!

 

josei2

  • 3大栄養素=タンパク質、炭水化物、脂質
  • 5大栄養素=3大栄養素+ビタミン、ミネラル
  • 6大栄養素=5大栄養素+食物繊維
  • 7大栄養素=6大栄養素+ファイトケミカル

 

phytochemical

 

ファイトケミカルは植物の色や香り、アクといった成分を形成しているといわれています。
ご存知のように植物には様々な色のものがあるので、成分としても約10000種類もあり、主に野菜、果物、 豆類などの植物に含まれているそうですよ(#^.^#)

 

主なファイトケミカル

ファイトケミカルの中には、私たちにおなじみの栄養素も多く含まれています。
主なものとしては、次にあげるようなものがありますね♪

 

  • ポリフェノール・・・カテキン(緑茶、赤ワイン)、アントシアニン(ブルーベリー)など
  • カロテノイド・・・にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど緑黄色野菜など
  • イオウ化合物・・・・アリシン、硫化アリル(にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら)など
  • テルペノイド(テルペン類)・・・柑橘類(レモン、オレンジ)、ジテルペン(ローズマリー、セージ)など
  • βグルカン(糖関連物質)・・・キノコ類、海藻類

 

この5種類がファイトケミカルの代表的なものといわれています。

 

毎日の食事に積極的に摂りたい食材として覚えておくといいですね(*^-^*)

関連ページ

ファイトケミカル 効果|ファイトケミカルを多く含む食品を摂取する効果とは?
野菜・果物・海藻など植物に含まれる「ファイトケミカル」は、摂取することで私たちの身体にどのような効果がもたらされるのでしょうか?
ファイトケミカル サプリ|サプリで摂るのはアリ?その場合のおすすめは?
第7の栄養素として最近注目を集めている「ファイトケミカル」。植物の持つパワーが私たちの美容や健康に大きな影響を与えることが改めて認識されてきているのです。
ファイトケミカル 癌|話題のファイトケミカルスープでがん予防!
第7の栄養素として最近注目を集めている「ファイトケミカル」。実は、このファイトケミカルのパワーを生かすスープでがん細胞を消滅させることができるらしいのです!