Sponsored Link

毛穴ケアに有効なピーリングとは・・・

「ピーリング」とは、薬剤を使って、肌に残っている古い角質を取り除くケアのことで、滞りがちなターンオーバーを促進させる方法です。

 

このピーリングは、毛穴ケアに有効といわれているのですがそれはなぜなのでしょうか?

 

ピーリングは毛穴の詰まりを予防できる

そもそも私たちの肌は、表皮の一番下にある基底層というところで絶えず新しい細胞が生まれ、これが28日という日数をかけて肌表面に押し上げられてやがて垢となって剥がれおちていきます。

 

この周期がいわゆる「ターンオーバー」なのですが、このターンオーバーは、若く健康な状態の時には約28日で行なわれますが、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、紫外線、老化などによって徐々にその周期が長くなってしまうそうです。

 

例えば、40代になると倍の56日かかるといわれ、60代では100日もかかってしまうのだとか(>_<)

 

年齢だけでもこのように滞ってしまうターンオーバー。
そこに睡眠不足やストレスなどのダメージが加わると、さらに滞って古い角質がいつまでも肌の上に居座ることになってしまうんですね。

 

 

そこでこの古い角質を一掃してくれるのがピーリングというケア。
薬剤の力を借りてとどまっている角質をオフすることができるので、肌トラブルのもとになる毛穴の詰まりを防ぐことができるのです(*^^)v

 

 

ピーリングはコラーゲンの生成を促進させる

また毛穴には老化によって肌が弾力を失い、支えきれなくなった毛穴が垂れ下がって、広がってしまうという開きも問題となります。

 

これは肌の真皮層にあるコラーゲンが減少することによって引き起こされるのですが、ピーリングにはコラーゲンの生成を促す作用もあるので、肌のハリを取り戻すことでたるんで目立つようになった毛穴の改善にも効果が期待できるのです(*^-^*)

 

 

特にエステや美容クリニックでは、フルーツ酸などの薬剤を使ったケミカルピーリングが行なわれ、肌の状態を確認しながら薬剤の濃度を調整して行なってもらえるので、効果が高いと評判なんですよね。

 

毛穴ケア ピーリング

 

しかし、そうはいっても角質を薬剤で強制的に取り除くようにしてターンオーバーしやすい状態にするのがピーリングなので、乾燥肌や敏感肌の人には刺激が強すぎ不向きともいわれています。

 

今は自宅でもピーリングができるように・・・と薬剤の濃度は低く抑えられているようですが、同様の効果が得られるようなジェルも多く販売されています。
ぬってマッサージすることでポロポロと角質を落とすタイプのものが多い感じでしょうか。

 

でもこれも、肌質によっては合わない人もいるようですし、普通肌の人でさえやり過ぎてしまうと、必要な角質までもがなくなって薄くなってしまい、別の肌トラブルが起こってしまテイルと耳にします(>_<)

 

もしも自宅でピーリングを行ないたいのであれば、擦って落とすタイプではなく、洗い流すタイプのクリームやジェルがおすすめですね♪

 

 

そして敏感肌、乾燥肌の方は、ピーリングを一層マイルドな形にしたソフトピーリング効果のあるニキビケア用の洗顔料を使った方が無難です!
おすすめは「NOV(ノブ)」

 

ピーリングでは刺激が強すぎる敏感肌の人用に、ピーリングのような効果を持たせつつソフトな処方に仕上げた洗顔料が秀逸なニキビ用シリーズ化粧品です。

 

毛穴ケア ピーリング

 

ニキビの素になる面皰(毛穴の詰まり)を作らないよう処方されたノンコメドジェニックコスメで、写真のようなお試しセットが1,500円で販売されていますので、そちらを試されてはいかがかなと思います♪

 

ノブのお試しセットはこちらから→nov

 

関連ページ

毛穴ケアってどうしてますか?
キメの整った透明肌を目指すなら毛穴ケアは欠かせませんが、毛穴に詰まった角栓をとるためにどのようにケアしていますか?
毛穴ケアの洗顔には泥(クレイ)がおすすめです!
毛穴ケアの基本である洗顔には、毛穴汚れは落としつつも肌にやさしい洗顔料を使いたい!それには泥(クレイ)がおすすめなんです。
もしも毛穴に黒ずみができてしまったら・・・
毛穴に詰まってしまう角栓は毎日の洗顔と毛穴の引き締めでケア!・・・でも、黒ずみができてしまったら、スペシャルケアの対策を行ないます!
汚れだけじゃない!毛穴の黒ずみ原因
毛穴の黒ずみは絶対に汚れだ!・・・と思っていたのですが、調べてみるとそれだけじゃない!!産毛やメラニンの沈着も原因の一つでした。。。
ニキビ跡の毛穴の開きが気になる・・・
大人になってからできるニキビは治った後もちょっとしたニキビ跡を残すので、それが毛穴の開きとして目立ち困ってしまいます。。。
毛穴に詰まった角栓を押し出すなんて・・・
普通にきちんとケアしているつもりでも角栓が毛穴に詰まってしまうのはよくあること。でも、詰まってしまった時、角栓を押し出すなんてことはしない方がいいと思うんです。。。
自宅のスキンケアで毛穴の開きを治すには・・・
毛穴の開きは黒ずみと同様、その他の肌トラブルも引き起こします。開いてしまった毛穴は自宅でしっかり治すケアを行ないましょう。
毛穴ケアに使う化粧水は使い分けが肝心!
毛穴ケアに使う化粧水は、その場面場面で必要性に応じて使い分けるのがベストです
毛穴ケアに蒸しタオルは重宝します!
自宅での毛穴ケアに意外に重宝する蒸しタオル。毛穴の黒ずみをとるときにも毛穴の開きを治す時にも状済み使えば効果がアップしますよ!
毛穴の角栓はすべて取り除いていいの?
毛穴に詰まった角栓は、毛穴の黒ずみや毛穴の開きを招いてしまいますが、そもそも角栓はすべて取り除いてしまってよいのでしょうか?
剥がすタイプの毛穴パックは危険です!
毛穴が詰まってしまった時、強制的に角栓を取り除く方法として剥がすタイプの毛穴パックを使ってしまいがちですが、それは肌のダメージを考えると危険なことなんです。
美顔器を使えばエステ級の毛穴ケアが可能です!
スチーム式、レーザー式、イオン導入、超音波式・・・とさまざまな方式の美顔器が発売されていますが、これらを使えばエステ級の毛穴ケアが可能です。
赤い毛穴は炎症の証!?…だけじゃない
毛穴は黒いものばかりとは限らず、赤くて悩む場合もあります。その場合、まずは炎症が疑われますが、実はそれだけではないんですね。
綿棒とオイルで毛穴ケア
今、イチゴ鼻の毛穴ケアにオイルを染み込ませた綿棒でクルクルするケアが評判です!
毛穴をなくす下地ってあるの?
毛穴をなくす下地でありながら皮脂をコントロールして化粧崩れを防ぐ・・・そんな化粧下地をご紹介します。
取れない毛穴の黒ずみにはピーリングジェル!
どうしても取れない毛穴の黒ずみはピーリングジェルで取ろう!
ワセリンで毛穴の開きを治す
保湿税として使われるワセリンは毛穴の開きを治す効果があるといわれていますが、そこには気をつけたい注意点もあります。
毛穴のテカリを抑える保湿化粧品
テカリが気になるこの季節にふさわしい毛穴ケア用美容液をご紹介します。
毛穴の開きを治すにはレーザー治療が効果的!
ニキビ跡や年齢肌など気になる毛名の開きはレーザー治療を受けるのが効果的です!
毛穴ケアには紫外線対策が必須
紫外線はシミだけでなく毛穴の開きももたらすため、毛穴ケアには紫外線対策が必須なのです!
毛穴から皮脂が過剰分泌する原因とは?
毛穴からは皮脂が分泌されるのが普通ですが、その量が過剰な場合は、単にオイリー肌だから・・・ではなく、乾燥が原因となっている場合があります。
たるみ毛穴に効く化粧品とは?
40代の女性に多く見られるたるみ毛穴は、放っておくと帯状毛穴という目立つ肌トラブルを招くので放ってはおけません!
黒ずみができた毛穴は炭酸水で洗顔するといい!?
黒ずみが気になる毛穴の洗顔には、予洗いやすすぎの水に炭酸水を使うと効果的といわれています。
熱風による毛穴の開きは冷やしただけでは治らない!
レジャーで海や山を訪れた場合、熱風で毛穴が開くことがありますが、その際の毛穴の開きを治す方法についてご紹介します。
いちご鼻の改善には話題のリメリーを!
ブツブツと黒ずみが目立ついちご鼻の原因は、毛穴の詰まりと乾燥。でも、汚れを取り退くことばかりに一生懸命になっていると、肌は乾燥するばかりでいちご鼻は治りません。
キャラとプチプラが話題の毛穴黒ずみ洗顔料「毛穴撫子」
プチプラなのがウケて若い世代を中心にちょっと話題になっている、毛名の黒ずみ洗顔料「毛穴撫子」について調べてみました。
背中にも毛穴パックが必要って本当?
毛穴パックが必要となるのは、皮脂腺の多いTゾーン。そのTゾーンは実は背中にもあるのだとか!・・・ということは、背中にも毛穴パックが必要なのでしょうか?
赤みやかゆみを伴う毛穴の炎症への対処方法
毛穴は意外と炎症を起こしやすく、すぐに赤みやかゆみを伴いますが、夏場は特に最近が入り込むと重症化しやすいので注意が必要です。