Sponsored Link

ゴルゴラインの消し方とは?

ゴルゴライン 消し方

最近多くの人に認知されてきたゴルゴライン
眼がしらから頬の中央に斜めに走るくぼんだラインのことですよね。

 

漫画の「ゴルゴ13」の主人公にくっきり描かれていることからそう呼ばれ始めたようです。
一般的には「ミッドチークライン」という言い方をされたりするものですね。

 

 

このゴルゴラインはほうれい線ほどではないにしても、やはり顔の中央にあるだけに目立つもので、不自然さは否めません。
消せるものなら消したいし、せめて目立たないものにしたいですよね(^^;)

 

 

ゴルゴラインができる原因

ゴルゴラインはまさに顔のたるみから生じてしまうものということですが、その顔のたるみをもたらす原因は、次のようなことが考えられるのです。

 

ゴルゴライン 消し方

 

表情筋のたるみ

表情筋というのは、顔にある筋肉の総称ですが、顔には細かいものも加えると、実に57種類もの筋肉があるのだそうです。
ゴルゴラインに関しては、「大・小頬骨筋」と「上唇挙筋」という筋肉が関係しているようで・・・

 

これらの筋肉が加齢によって衰えてしまい、頬をたるませることになってしまうんですね。

 

 

肌のハリ・弾力の低下

肌の真皮層においてアミン目のように張り巡らさればねのような役割を果たしてくれているコラーゲンとエラスチンが、加齢や乾燥、紫外線ダメージによって減少してくることで、肌からはハリと弾力が失われていきます。

 

これによって、たるみジワが入りやすくなってしまうようですね。

 

 

皮下脂肪の衰えと肥大化

肌の真皮層の下には皮下組織と呼ばれるものがあり、やはりコラーゲンとエラスチンが網の目のように存在し、そのあいだを脂肪細胞が満たしているという感じだそうです。

 

この皮下脂肪も加齢により代謝機能が衰えることで肥大化するのだとか(゚д゚)!
重力により垂れさがって「たるみ」となってしまうようです。。。

 

 

ゴルゴラインの消し方とは?

では、ゴルゴラインはできても仕方ないもので消せないということでしょうか?

 

ゴルゴライン 消し方

 

いろいろ調べてみると、完全に予防したり消し去ることは難しいかもしれませんが、毎日のケアによってある程度は防げるし目立たないようにすることもできるようです。
それには、次のポイントに気をつけて毎日のスキンケアを行なえばいいようですね。

 

 

しっかり保湿で乾燥対策

年齢を重ねると肌自体の水分保持力が低下してくるので、年齢に応じた保湿ケアをしてあげなければ、乾燥を止めることはできません。
角質層の乾燥が進行すると、真皮層にまで及んでしまいますので、そうならないためにも水分保持と油分の蓋はセットで必ず行なうようにしましょう。

 

 

一年中行う紫外線対策(UVケア)

紫外線によるダメージが肌のコラーゲンを減少させてしまうことは広く知られてくるようにまりましたよね(^^;)
ただ、季節によってやお天気によって「今日はUVケアをしなくてもいいんじゃないかな」と油断してしまうことがあるようですので、一年中外出の際には紫外線対策をとるように徹底しましょう。

 

 

表情筋を鍛えるエクササイズ・習慣

普段パソコン作業を長時間行なったり、表情を変えずに過ごす時間の長い人ほど表情筋は衰えるといわれています。
そんな人は、少しでも休憩時間に口を大きく空けてみたり、舌をできるだけ伸ばして回してみたりといったエクササイズをするように心がけてみましょう。

 

また、表情筋を鍛えるために、美顔器を活用するのも一つの手です。
美顔器は普通、毛穴ケア(黒ずみ除去や毛穴の引き締め)のために用いますが、超音波で振動させるタイプのものは、エステでプロのパッティングを受けているのと同じ効果があり、肌表面だけでなく表情筋への刺激にもちょうどよいようです。

 

 

特におすすめしたいのが、「超音波美顔器 エステナードソニック ROSE」。
定期コースに入会すると1カ月980円から始められる上に、毎秒最大800万回という超音波振動でマッサージ出来ます。

 

さらに、自動スキンセンサーで水分不足の肌を潤すことができたり、員クレンジングによって毛穴をキレイにすることも可能です♪

 

1日たった5分でエイジングケアが完了するという優れものですので、忙しくて時間のない人ほどこういう美顔器を活用されると効率的なスキンケアができていいですね(^^)v

 

 

関連ページ

眼精疲労による目元のしわが気になってきました・・・
少しずつしわが出てくる30代ですが、最近スマホをよく見ているせいで眼精疲労がたまってきているのか、目元のしわが気になり始めました。
目元のしわの始まりは乾燥による小じわから
歳をとると出てくる深いしわも初めは乾燥による小じわです。乾燥することで出てくる目元の小じわ対策をきっちり行いましょう!
目尻のしわにはボトックス注射が効果的
笑った時にできる目尻の表情ジワを改善するためにはボトックス注射が効果的といわれています。
目元のしわケアにはクリーム?それとも美容液?
見た目の老いを感じさせる目元には、他の部分とは違うパーツケアが必要です。そのためにはクリームがいいのでしょうか?美容液がいいのでしょうか?
ほうれい線ができやすい人ってどんな人?
見た目を老けさせるしわの一つであるほうれい線は、どうしてできてしまうのでしょうか?できやすい人の傾向について考えます。
ほうれい線の原因はこういうことだった!
アンチエイジング、顔のしわをなくし、減らしたい、少しでもキレイなお肌を目指して、引き締め効果抜群の情報をまとめました。
ほうれい線対策の決定版「ベロ回し体操」とは・・・
ほうれい線が3日で消える!と評判の「ベロ回し体操」。このほうれい線対策について、その効果をご紹介します。
「ためしてガッテン」で紹介していたほうれい線の消し方
NHKの情報番組「ためしてガッテン」で以前放送されていたほうれい線の消し方についてご紹介します。
いろいろあります!ほうれい線対策グッズ
実はたくさん売られているほうれい線対策グッズの中から売れ筋の商品をご紹介します♪
ほうれい線対策を化粧品で行なうならコレ!
ほうれい線対策を化粧品で行なうなら、加齢により進行した肌の乾燥へアプローチする必要があります。
ほうれい線を消すメイク術とは?
できてしまったほうれい線はできるだけ薄くなるようにコラーゲンの回復を図りますが、それまでの間、少しでも目立たなくするようなメイク術が必要です。
ほうれい線を消すヒアルロン酸注射の持続型って・・・
ほうれい線は美容外科でヒアルロン酸を注入してもらえば即効で消えます。さらにここ近年持続型のヒアルロン酸も人気が高いですね。
顔のしわに見られる様々な種類とは
顔のしわには、できている形状によって、またしわの程度によって様々な呼び方がありますので、その種類を整理してみましょう。
顔のしわを消す化粧品なら レチノール配合がおすすめ
顔のしわやシミを消す化粧品として評判のレチノールについてご紹介します。
顔のしわ取りに効果的なピーリング
肌の上にたまった角質を強制的に取り除くことで肌を生まれ変わらせるピーリングは、顔もしわとりには効果的のようです。
顔のしわをなくす食べ物ってあるの?
顔のしわをなくすには化粧品による外側からのケアだけでは不十分。内側からしっかり必要な栄養を摂りましょう!
芸能人は顔のしわをどうしてるの?
芸能人は人に見られる仕事だけに、人一倍顔のしわを気にしていますよね。実際どのようにして顔のしわに対処しているのでしょうか?
極端なダイエットは顔のしわをつくる!?
無理な食事制限による急激なダイエットは顔のしわを刻んでしまう可能性が高いので注意が必要です。
男性の顔のしわはなぜ深い?
アンチエイジング、顔のしわをなくし、減らしたい、少しでもキレイなお肌を目指して、引き締め効果抜群の情報をまとめました。
タバコを吸っていると顔のしわができいやすい
タバコを吸う習慣のある人は、吸わない人より顔のしわができやすいものです。
10代に起こる顔のしわ問題って・・・
顔のしわをケアするのは年齢肌・・・と思っていたら、なんと10代には10代の顔のしわ問題がありました!
ストレスで顔のしわが増える!?
美容の大敵である「ストレス」は、顔のしわを増やす存在なのかどうかを調べてみました!
額のしわの原因は・・・
額にできるなみなみとした横ジワは、表情癖や筋肉の衰えが原因でした。
首のしわも忘れずケア
首のしわはお手入れを怠りがちですが、老いを感じさせるしわには違いないので注意が必要です。
顔のしわは遺伝する?
顔のしわは遺伝するのでしょうか?もしも遺伝するものがあるとしたら何が?・・・といったことについてまとめてみます。
皮膚科で顔のしわをとる方法
年齢が進むと、自宅で行なう顔のしわ取りケアも限界がありますが、皮膚科で行なってもらうとどのような方法があるのでしょうか?
ボトックス注射が効果的な顔のしわは?
顔のしわをとるプチ整形の一つ「ボトックス注射」は、どういったしわに有効なのでしょうか?
頭皮をケアすると顔のしわが減る
顔のしわと頭皮の状態にはとても深い関係があるのです。
ゴルゴラインを皮膚科で治療するならヒアルロン酸注入
ゴルゴラインを皮膚科で治療する場合は、ヒアルロン酸注入が一般的ですが、そこにはいくつか注意点があります。
サーマクールだとゴルゴラインが消せる?
皮膚科得ゴルゴラインを消す治療を受ける場合、サーマクールという方法も有効といわれています。
目の下のたるみをとるためには・・・
年齢を感じさせる顔のたるみの一つ「目の下のたるみ」への対策をまとめてみました。